材料発表を見越した投資

急騰する銘柄に飛び乗るというのは勇気がいることですが、それを見越して買うことができれば少ないリスクで大きく取ることができます。

そのような材料を見越して購入をするというのは簡単なものではありませんが、相場をしっかりと分析をしていれば決して不可能なわけではありません。

ポイントとなるのは普段あまり注目をされていない銘柄を狙うということで、注目度が高い銘柄というのは噂の段階で株価が動いてしまいますから、材料発表を見越して購入するというのは少しリスクの高い方法となってしまいます。

期待はずれの発表であれば材料出尽くしとなってしまいますし、期待通りでもそこまでに株価が上昇していれば上値を期待できません。

この場合、下値不安が大きいのに対して上値の可能性が少ないだけに旨味のある投資とはなりません。

それに対して普段あまり注目をされていない銘柄というのは、材料が出てから動き出すということが多いので、材料が発表される前に株価が大きく上昇をするということはありません。

元々、注目度の薄い銘柄なので期待はずれの材料が発表されたからと言って大きく株価を下落させることはなく、それに対してポジティブサプライズとなるような材料が出たときには、普段注目をされていない分だけ上値が軽く大きく上昇をすることも多いので、このような銘柄をチェックして材料が出そうな時に事前に仕込んでおくという手があります。

決算発表であれば事前に時期が公表されていますし、新製品や新サービスと言った材料でも企業のことをよくチェックしていればヒントとなるようなものがどこかにあるのでそれを見落とさずに材料発表を見越して投資をすると急騰銘柄の初動の前から購入をすることも可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です