逆張りで反発を狙う

下降トレンドにあるときには誰しも弱気になってしまい、売りに出るか、あるいは売ると損失が確定してしまうのでそれも怖くてそのまま塩漬けにしてしまうというパターンが多いようです。

売りに出るというのは決して悪い判断とばかりは限りません。

その下降トレンドが大きいとか、長く続きそうだということであれば思い切って売ってしまうのも立派な判断です。

これを損切りと呼びます。損は損としてきっぱりと切り捨ててしまい、次のチャンスにかけるというような意味合いがあります。

一方で塩漬けというのはあまりよい判断ではないことが多いのが事実でしょう。弱気になってしまうだけではなく、判断も鈍ってしまってはあまり良い結果は期待できません。

塩漬けが多少なりとも良い結果を生むのは、配当などが十分に期待できるときか、あるいは中長期的に反発が期待できるようなケースだけでしょう。

しかし、下降トレンドの場合には逆張りという方法もあることを忘れてはいけません。

つまり、相場が下降しているにもかかわらず買いを入れることです。これにはいくつかの理由というか、要素があります。

一つにはそれまでの自分の判断が間違っていないはずだと信じられるだけの材料があることです。

これだけの材料があればいずれは上昇するはずだと思われるのにもかかわらず下降する場合は、ある意味ではむしろ今が絶好の買い時、いずれ高くなるはずのものを安く買える最大のチャンスということもできるからです。

あるいは、悪い材料が出尽くした後の反発を狙うという意味もあります。

どんな銘柄でも永久に下がり続けることはありません。下降のあとにはいずれ反発して上昇するときがくるはずです。それを狙って買うという方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です