有料情報を自分の投資スキル向上に繋げる

投資はスキャルピングやデイトレードといった短期取引を除いて、情報の有無が成否を分けます。

しかし、企業の価値を計る情報である財務諸表は発表されますが、それを元に分析するには専門知識が求められ、一朝一夕で出来ることではありません。

そんなときに役に立つのが投資顧問などが配布している有料情報です。

有料情報は株式のレポートや推奨銘柄など投資のプロが分析した情報が記載されていて、入手すれば投資判断の大きな助けになります。

しかし、有料情報を読んでそのまま投資をするだけでは自分の投資スキルが向上しません。

その有料情報が配布されている間は利益を出すことが出来たとしても、情報を入手できなくなった途端に投資成績が急下降することになります。

そうならないためには、有料情報を使って自分の投資スキルを向上させることが大切です。

その方法としては、分析レポートや推奨銘柄の推奨理由を読んで、他の銘柄に適用してみることです。

株式銘柄の分析はかならず元となる情報があり、その情報を使って銘柄の今後の動きを予想しているのです。

例えば、財務諸表を分析した結果、純利益が上がっているものの営業利益が下がっていることから本業の調子が悪く、今後の業績は下がることが予想されるというレポートがあったとします。

そこで、自分でも分析レポートを参考に気になる企業の財務諸表を見て、純利益と営業利益の額を比較してみるのです。

するとその結果が新たな判断材料になり、投資の正確性を向上させることが出来るようになります。

有料情報はお金を払う価値があるのか分からないため利用していないという人が多いですが、自分では気付かなかった新しい視点を提供してくれるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です