株価が上昇するのは理由がある

株で儲けるためには、安く買って高く売ることです。

株が高く売れるには、株価が上昇しなければ売れません。それでは株価の上昇は何故起こるのでしょう。

株価が上がる理由としては様々ありますが、その株が将来上る可能性が高く人気な状態の時です。

それではどんな時に将来性があると判断され、株価が急騰するのでしょうか。

例えば「業績が好調である」また「業績の見通しを上方修正した」時など、利益が生まれやすく、投資家たちもそこに将来性を感じるでしょう。

また「配当の増額(増配)」も株価上昇の要因となります。増配するということは、業績が好調な証拠です。

「企業の合併・買取」も企業間の相乗効果が出て企業価値が上がると判断された時は、株価も上昇します。

また「新商品の発表や、新しい工場の建設」など、新しいことを始めるにリスクは伴いますが、利益を増やす為に行うことです。それによって利益が上がると判断された時にも株価上昇の材料になります。

「自社株買いの発表」もその要因のひとつです。

既に発行・流通されている株を、会社が一定数買いあげることで、株数が減少して1株当たりの利益が増加するのです。

他にも色々な要因がありますが、共通して言えることはその企業が好調で、将来が期待できる場合です。

その株を「売りたい」と思う人より「買いたい」と思う投資家が増えれば増えるほど、株価は上昇していくのです。

株は材料によってい上がったり、下がったりします。

株で儲けたいと考えているのであれば、株価が上昇する「好材料」の株を見つけることです。

その為に銘柄を勉強したり、買ったまま放置したりしないで、株価の動きと起きた出来事など情報を毎日チェックすることが大事です。