逆張りで反発を狙う

下降トレンドにあるときには誰しも弱気になってしまい、売りに出るか、あるいは売ると損失が確定してしまうのでそれも怖くてそのまま塩漬けにしてしまうというパターンが多いようです。

売りに出るというのは決して悪い判断とばかりは限りません。

その下降トレンドが大きいとか、長く続きそうだということであれば思い切って売ってしまうのも立派な判断です。

これを損切りと呼びます。損は損としてきっぱりと切り捨ててしまい、次のチャンスにかけるというような意味合いがあります。

一方で塩漬けというのはあまりよい判断ではないことが多いのが事実でしょう。弱気になってしまうだけではなく、判断も鈍ってしまってはあまり良い結果は期待できません。

塩漬けが多少なりとも良い結果を生むのは、配当などが十分に期待できるときか、あるいは中長期的に反発が期待できるようなケースだけでしょう。

しかし、下降トレンドの場合には逆張りという方法もあることを忘れてはいけません。

つまり、相場が下降しているにもかかわらず買いを入れることです。これにはいくつかの理由というか、要素があります。

一つにはそれまでの自分の判断が間違っていないはずだと信じられるだけの材料があることです。

これだけの材料があればいずれは上昇するはずだと思われるのにもかかわらず下降する場合は、ある意味ではむしろ今が絶好の買い時、いずれ高くなるはずのものを安く買える最大のチャンスということもできるからです。

あるいは、悪い材料が出尽くした後の反発を狙うという意味もあります。

どんな銘柄でも永久に下がり続けることはありません。下降のあとにはいずれ反発して上昇するときがくるはずです。それを狙って買うという方法です。

上昇トレンドに乗れ

相場で利益を出す最も基本となるのがこの上昇トレンドに乗ることです。

相場が上昇しているときに、特に何も余計なことを考えることなくその銘柄を買うことで確実に利益を上げる方法です。

これを順張りと呼びます。まさに順当な方法といえるでしょう。

これは本当に投資の基本中の基本なのですが、それだけに当たり前すぎてある程度投資に慣れてくるととたんにこの順張りができなくなってしまう人がいます。

最も多いのが、一度高値つかみをしてしまった人で、その後値下がりして売るに売れずにそのまま塩漬けにしてしまっているケースです。

この場合、その後上昇トレンドに転じたときに買い注文をしっかりと入れることができればよいのですが、何しろその時点では含み損を抱えた状態になってしまっていますから、損を抱えた状態でさらに買いを入れることに躊躇してしまい、買い時を逃しているうちに上昇トレンドが終わってしまうというのが典型的なパターンです。

これは人間の心理でありやむを得ない部分でもあるのですが、とにかくトレンドに乗るという意味では、含み益があろうが含み損があろうが関係ないのだということをしっかりと理解しておく必要があります。

今の時点でどれだけの利益を得ているか、あるいは損失を生じているかということには何ら関係なく、とにかく今の相場が上昇トレンドであれば順張りの買い時であり、下降トレンドであれば逆張りの売りだということは子供でも分かる話のはずだからです。

トレンド重視の取引をする際は、とにかくここしばらくはどのような動きをしそうかだけに注目し、過去の動きがどうであったかとか、過去にどれだけの利益を生み出したかということはきっぱりと忘れてしまったほうが良い結果が得られます。

好決算だから上がるとは限らない

株の世界というのは難しいものであり、企業の決算が良かったからと言って株価は必ずしも上がるというわけではありません。

なぜ、そのようなことがあるのかというとひとつは好決算が予想される場合には、それを見越して相場が先に上昇をするので決算が発表されると材料出尽くしとなって株価が下がってしまうことになります。

相場の格言に噂で買って事実で売るという言葉があるように、株は将来に対する期待によって上昇をするところがありますから、事実が出てしまうとそれ以上期待する材料がなくなってしまいそこが天井となってしまうのです。

もうひとつのパターンとしては決算自体は悪く無いにも関わらず、市場の参加者が過度に期待をしすぎて株価が上昇していて決算が発表されると市場予想よりも悪い決算がマイナス材料となってしまうというものもあります。

決算の良し悪しというのは絶対的なものではなく、特に相場の世界であれば相対的なものでしかありません。

赤字であっても市場の参加者が予想していたよりも赤字幅が小さければそれは好決算ということになりますし、黒字であっても期待していたほどのプラスでなければ決算が悪いということになります。

決算が良いか悪いかはあくまでも市場の参加者の受け取り方次第であるため、数字だけ見れば悪いものではなくても市場の参加者を満足させることができる数字でなければ悪いということになってしまうのです。

そのため、決算で株を購入する時には市場の参加者がどの程度の数字を期待しているのかということを考慮した上で取引をしないと、好決算だったにも関わらず株価は下がってしまって天井づかみをしてしまったということになりかねないのでよく覚えておく必要があります。

材料発表を見越した投資

急騰する銘柄に飛び乗るというのは勇気がいることですが、それを見越して買うことができれば少ないリスクで大きく取ることができます。

そのような材料を見越して購入をするというのは簡単なものではありませんが、相場をしっかりと分析をしていれば決して不可能なわけではありません。

ポイントとなるのは普段あまり注目をされていない銘柄を狙うということで、注目度が高い銘柄というのは噂の段階で株価が動いてしまいますから、材料発表を見越して購入するというのは少しリスクの高い方法となってしまいます。

期待はずれの発表であれば材料出尽くしとなってしまいますし、期待通りでもそこまでに株価が上昇していれば上値を期待できません。

この場合、下値不安が大きいのに対して上値の可能性が少ないだけに旨味のある投資とはなりません。

それに対して普段あまり注目をされていない銘柄というのは、材料が出てから動き出すということが多いので、材料が発表される前に株価が大きく上昇をするということはありません。

元々、注目度の薄い銘柄なので期待はずれの材料が発表されたからと言って大きく株価を下落させることはなく、それに対してポジティブサプライズとなるような材料が出たときには、普段注目をされていない分だけ上値が軽く大きく上昇をすることも多いので、このような銘柄をチェックして材料が出そうな時に事前に仕込んでおくという手があります。

決算発表であれば事前に時期が公表されていますし、新製品や新サービスと言った材料でも企業のことをよくチェックしていればヒントとなるようなものがどこかにあるのでそれを見落とさずに材料発表を見越して投資をすると急騰銘柄の初動の前から購入をすることも可能です。

急騰銘柄を見つける為の手法

株式投資において、急騰銘柄に注目するということも大切です。

株価が急騰するということはなんらかの好材料の発表などがあった場合も多く、その流れに乗るというのも一つの手法です。

ですが、常に多くの情報をチェックしてみるというのもなかなか大変な作業といえます。

銘柄なども多いため、自分が注目している銘柄の情報をチェックするだけでも定期的に行うとなると時間も取られます。

急騰銘柄を見つける為の手法としては、出来高などをチェックしてみるといいでしょう。

急騰するということは、売買が盛んに行われたということでもあります。

一気に上がるということは出来高も一気に増えるということでもあるため、急騰銘柄を見つけるということは出来高などをチェックしてみるといいでしょう。

ただし、急騰銘柄においての注意点としては、すでに株価が上がりきっている場合には、そこで株価が上がる、停滞するとは限らず、急落するという可能性もあります。

好材料の発表や情報があったとしても、株価が上がり続けるとは限りません。

極端な動きをした場合には、その逆の現象も起きやすいということも理解したうえで、買いなのかどうかを判断することは大切です。

株式投資において冷静な判断というものが重要になります。

そのため、急騰している状況に動揺してしまい冷静な判断が出来ない状況になると、その状態から急落した場合の損切りのタイミングを間違えてしまうこともあります。

基本的に、どのような状況であっても動揺を抑え、冷静に相場を判断していくことが最も重要なことです。

急騰銘柄の場合には、値動きが激しいという点からもあせらずに自分の判断をミスしないように落ち着いて対処するように心がけていきましょう。