好決算だから上がるとは限らない

株の世界というのは難しいものであり、企業の決算が良かったからと言って株価は必ずしも上がるというわけではありません。

なぜ、そのようなことがあるのかというとひとつは好決算が予想される場合には、それを見越して相場が先に上昇をするので決算が発表されると材料出尽くしとなって株価が下がってしまうことになります。

相場の格言に噂で買って事実で売るという言葉があるように、株は将来に対する期待によって上昇をするところがありますから、事実が出てしまうとそれ以上期待する材料がなくなってしまいそこが天井となってしまうのです。

もうひとつのパターンとしては決算自体は悪く無いにも関わらず、市場の参加者が過度に期待をしすぎて株価が上昇していて決算が発表されると市場予想よりも悪い決算がマイナス材料となってしまうというものもあります。

決算の良し悪しというのは絶対的なものではなく、特に相場の世界であれば相対的なものでしかありません。

赤字であっても市場の参加者が予想していたよりも赤字幅が小さければそれは好決算ということになりますし、黒字であっても期待していたほどのプラスでなければ決算が悪いということになります。

決算が良いか悪いかはあくまでも市場の参加者の受け取り方次第であるため、数字だけ見れば悪いものではなくても市場の参加者を満足させることができる数字でなければ悪いということになってしまうのです。

そのため、決算で株を購入する時には市場の参加者がどの程度の数字を期待しているのかということを考慮した上で取引をしないと、好決算だったにも関わらず株価は下がってしまって天井づかみをしてしまったということになりかねないのでよく覚えておく必要があります。